「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて~

キャンピングカー ZiL Noble で出掛けた先の写真をアップしています

  ZiL Noble でキャンプするのが好きです。 自然の中に身を置いて、ノーブルのリビングソファーで風を感じながら珈琲を飲む、それが私にとって至福のひと時なんです・・・・

2017. 9月末 高松の街で・・・

四国の高松に、妻と二人 ノーブルで出掛けた。

私が自営業の仕事を終えたのが夜の11時。

それからすぐに出発して瀬戸大橋の途中にある「与島PA」で車中泊した。

 

与島PA車中泊には穴場だ。

ほとんどの人は途中休憩には使っても、車中泊に使おうとはしない。

「一気に四国まで、あるいは本州まで進んでおきたい」心理からだと思う。

だからトラックも少ないし、広い駐車場で他の車とも距離が取れる。

トラックがまったくいない訳ではいが、まわりに構造物がないので音の反射がなく、瀬戸大橋の本線は遥か離れた上空に在るので走行音も気にはならない。

結果、とても静かに眠れた。

トイレも奇麗だし、お勧めは展望台から見渡せる瀬戸内の美しい海。

海峡を行き交う大小の船が白い航跡を描き、緑色の島々と青い海とが まったく綺麗なコントラストで出迎えてくれる。

少しだけ階段を登らなくてはならないのですが、面倒くさがらずに是非とも観にいってください。

 

翌朝、高松道を使い高松の街に到着した。

時間が早いし、こちらに来ると よく利用している「コメダ珈琲」で朝食を採り時間をつぶした。

10時過ぎには高松の「丸亀町商店街」まで移動した。

いつも使うコインパーキングは空いているだろうか・・・

「ラッキー空いてました」 しかも一番 好きなポジションが。

 

「適当な時間に落ち合おうね、疲れた方がノーブルで休んでいよう・・・」

ジャラジャラと色んなキーやらが繋がったキーホルダーからリモコンキーだけ外して、妻に渡す。

残りのジャラジャラは自分のズボンのポケットに突っ込んだ。

妻は方向音痴だから「三越」まで一緒に行ってあげた。

 

「日頃のご苦労さんです、どうぞ ゆっくり買い物してください」

妻と別れて、自分は街撮りに。

 

一枚いちまい じっくりと時間を掛けて ”デジタル一眼レフカメラ” で写真を撮って遊んだ。

好きな趣味を持っていれば 休日が楽しくなる。

まして ZiL Noble でのキャンプもプラスすれば、そんな楽しさを倍増どころか何倍にもしてくれるんだ。

 

駄作↓です。 よかったら ご覧ください。

f:id:ZiLNoble:20170929124813j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929125149j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929130037j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929130456j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929130812j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929131444j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929132349j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929135518j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929140320j:plain

f:id:ZiLNoble:20170929142957j:plain

 

カメラを首から ぶらさげて 商店街を ぷらぷらしているうちに、琴電の「片原町駅」まで来てしまった。

駅前の魚屋で「鯛のカマ塩焼きと お刺身を買った」。

よーし、今夜はこいつで一杯  やるとするか・・・

 

途中で温泉に浸かり、暗くなる頃には 我が家の ZiL Noble は 道の駅「源平の里むれ」に到着していた。

 

 

参考機材=(KONICA MINOLTA  α-7 Digital ・ MINOLTA AF 35-70mm F4)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ルームエアコンの嫌な臭いを解消

ZiL Noble に乗っております Taka と申します。

私のブログをご覧いただきまして、どうもありがとうございます。

 

このところ更新頻度が とっても遅くなっておりまして すみません。

おかげ様で自営業が忙しく、ブログの記事を なかなか書けずにおりますが、マイペースで更新してゆきますので どうぞ宜しくお願いいたします。

 

今回の記事は、ノーブルの「ルームエアコンの嫌な臭いを解消」について書かせて頂きます。

 

H26年のはじめにノーブルを購入して、これまでノーブルの性能を活かしながら 楽しくキャンプしてきました。

ノーブルは とても良く出来たキャンピングカーで、使い慣れる程に その使い勝手の良さを感じております。

中でもルームエアコンは 夏の時期に 無くてはならない装備でして、このエアコンが あるおかげで、夏でも涼しく快適にキャンピングカーで過ごすことができています。

ではありますが・・・

 

昨年(H28年)の夏から エアコンの吹き出す風に交じり なんとも嫌な臭いがする様になってしまいました。

※新車で乗り始めてから3年目の夏です。

臭いの種類は 酸っぱい感じで、リビングで食事をしていても ベットルームで寝ていても 気に成ります。

 

臭いは エアコンの冷却コンプレッサーが作動して 冷気を吹き出している際には それほど気にはならず、車内の温度が下がってきて 送風状態に切り替わると ツーンと鼻を突く臭いに変わります。

しばらくすると室温が上がるので、また冷気に吹出が切り替わり 気に成らなくなる ⇒ 送風状態で 臭う・・・ これの繰り返しです。

 

エアコンのフィルターと本体の冷却フィンや吹き出し口まわりを目視で よく点検してみましたが、特に目立った汚れはありません。 むしろキレイなまま。 なのに臭い。

 

そこでネットで検索するも 明確な解消方法が見つからず、思いついたのは部屋の臭い取りスプレー「ライオン(株)が製造販売しているトップHYGIA」です。

このをスプレーは もっと有名な「ファブリーズ」と同様の商品で、「ファブリーズ」と比べて「HYGIA」の方が (香料特有の甘ったるい香りを抑えた 結構いい香りで)個人的に好きなので我が家で愛用しています。

 

エアコンを作動させながら「HYGIA」を吸い込み口付近に散布すると、私が思っていたとおりに 吹き出し口からいい香りの風が流れてきて 嫌な臭いは かなり抑えることができました。

但し その時間はあまり長続きせず、1時間すると あの嫌な臭いに戻ってしまいます。

結局、昨年は「HYGIA」で臭いを誤魔化しつつ 我慢しながらエアコンを使用していました。

 

一年が経ち、今夏に ルームエアコンを作動させると なんと あの酸っぱい臭いがしません。 でも、ぬか喜びでした。 その次のキャンプでは 嫌な臭いが吹き出してきたんです。

ウーン・・・ どうしたものか・・・・・・

 

思案した末に思いついたのは、家のエアコンには付いていてノーブルのエアコンに付いていない「空気清浄フィルター」です。

もしかしたら それを付ければ 臭いが消えるのではと 半分ダメもとで「空気清浄フィルター」を購入して ノーブルのルームエアコンに使用してみました。

すると、なんと「空気清浄フィルター」を付けた直後から あの嫌だった 酸~っぱい 臭いが 一瞬にして気に成らなくなったのです。

更に、数日後には 臭いは一切しなく成りました。

凄ーい! 嫌な臭いは消えたのです。

 

今年 ひと夏「空気清浄フィルター」を使用し続けてみて、間違いなく効果があることを確認できたので ここに記事として書かせて頂いております。

キャンピングカーのルームエアコンで同様の臭いにお困りの方は、よかったらお試しください。

 

私が使ってみた ↓ 商品

ダイキン工業(株)社製 KAF971B42 光触媒空清フィルター(枠無)

参考:私はビックカメラの通販で購入しました。 一箱に2セット入り(送料無料)で1,890円でした。

 

以下、商品の取説文を添付します。

「酸化チタン光触媒方式の脱臭フィルターです。 タバコの臭いやペットの臭いを強力に分解します。」

 

 

空気清浄フィルターは ↓ こんな物です。 数年は効果が続くそうです。

f:id:ZiLNoble:20170819130102j:plain

 

こんな感じでエアコン本体の冷却フィンとフィルターの間に 挟むようにします。

フィルターを はめ込むと いい感じで固定できます。

f:id:ZiLNoble:20170819130030j:plain

 

これだけの事なんですが、ホントに効果絶大ですので、酸っぱい系の臭いに お困りの方は来夏に よかったらお試しください。

※ 触媒の寿命は数年です。 使い始める直前に ご購入ください。

 

これで今回の記事を 終わります。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ZiL Noble の生活感

ZiL Noble での生活感・・・

 

ベッドルームでくつろいだり、TVを観たり、料理したり・・・

そんな当たり前のことが すごく楽しい。

こいつで遊んでいると身も心も癒されてゆくんだ。

やっぱりキャンピングカーは病みつきで、だからこそ やめられない。

 

f:id:ZiLNoble:20160330222643j:plain

f:id:ZiLNoble:20160329230249j:plain

f:id:ZiLNoble:20160329231605j:plain

f:id:ZiLNoble:20160330144506j:plain

f:id:ZiLNoble:20160330144633j:plain

f:id:ZiLNoble:20160330144549j:plain

f:id:ZiLNoble:20160330175714j:plain

f:id:ZiLNoble:20160702150253j:plain

f:id:ZiLNoble:20160702143334j:plain

f:id:ZiLNoble:20160702151831j:plain

f:id:ZiLNoble:20160702151419j:plain

f:id:ZiLNoble:20160702152056j:plain

f:id:ZiLNoble:20160702152833j:plain

 

参考機材=(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする