「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて~

キャンピングカー ZiL Noble で出掛けた先の写真をアップしています

  ZiL Noble でキャンプするのが好きです。 自然の中に身を置いて、ノーブルのリビングソファーで風を感じながら珈琲を飲む、それが私にとって至福のひと時なんです・・・・

2018.3.31 日本一の天守閣から桜咲く城下を見下ろして

四国 お花見キャンプも今日が最終日。

爛漫の桜を楽しむべく香川県の ”丸亀城” に立ち寄った。

運よく満車の無料駐車場に、出庫車と入れ替わりで置けた。

 

広場を挟んで駐車場から お城が見える。

山ごと石垣にしてしまったような立派な 石垣を持つ城である。

直線的で複雑な形状が美しい石垣は 地上から60メートルもあり、日本一の高さを誇る。

そして天守閣はとってもコンパクトで、現存する天守閣の中では日本一小さい。f:id:ZiLNoble:20180331115447j:plain

 

大手門をくぐり城へと続く坂道を登る。

今日は絶好の花見日和と言うこともあって、花見客が列をつくって昇り降りしている。

 城は難攻なもの、かなりの傾斜で途中に休憩できる場所すらなく、一気に登るしかない。

日頃からの運動不足がたたって、私も妻も息を切らしながら登りきった。

どうやら私達だけではなく他の方々も同じ様子だ。

 

登りきると 見事に咲き誇る桜が待っていてくれた。

f:id:ZiLNoble:20180331111739j:plain

 

天守閣は これまで見てきた城から比べると かなり小さく、大き目の やぐらと見間違えるほどではあるが、白壁は青空に映えて美しく 三重の屋根にも構造的な意匠美を感じた。

やっぱり 本物の お城は いいものである。

f:id:ZiLNoble:20180331110123j:plain

f:id:ZiLNoble:20180331110948j:plain

 

天守閣の最上部まで上ってみた。

途中の階段はとても急で踏面(ふみずら)も奥行きがなく 上りづらい。

敵の侵入を考慮して わざとかも知れないが、登りきる一段下の踏面だけ やや突き出ていて うっかり右足のスネをぶつけてしまった。 後から上ってきた妻に気を付けるように声をかけた。

 

窓から外が見える。

「おー、いい眺めじゃのー」

素晴らしい眺望に、スネの痛みも忘れてしまっていた。

f:id:ZiLNoble:20180331105231j:plain

 

格子と格子の間にデジタル一眼レフカメラのレンズを突っ込んで城下の景色を撮影してみた。

丸亀の市街地が見えて、その奥には瀬戸内の海が見える。

※ この写真の中に愛車のノーブルが写っているのですが、見つけられた人は凄く目がいい方です。

f:id:ZiLNoble:20180331105100j:plain

 

天守閣の最上階で しばらく四方の眺めを楽しんでから下る。

城庭の途中とちゅうで 桜の撮影スポットを見つけては足が止まり、また足が止まり・・・

そんなことをしながら 下りていくのが楽しい。

f:id:ZiLNoble:20180331111912j:plain

f:id:ZiLNoble:20180331114835j:plain

f:id:ZiLNoble:20180331113227j:plain

 

坂を下りきった広場に屋台が並んでいた。

妻が たこ焼きを食べたいと言うから、買って食べた。

桜のピンクの下で 妻と半分こして食べた。

湯気立つ たこ焼きを口に入れると とても熱く そして甘いソースが口いっぱいに広がり美味しかった。

f:id:ZiLNoble:20180331114122j:plain

 

今年は いいお花見ができた。

四国は とてもいい所があるし、まだ行ったことのない名所が沢山ある。

また訪ねてみたいと感じさせてくれた いい旅だった。

 

ZiL Noble での旅は 私にとって「心のオアシス」の様なもので、なくては困るほどに大切なことなのである。 それも妻が一緒に行ってくれるからこそなのだが。

定年はずっと先だが、定年したら妻とノーブルで やってみたい夢がある。

それは、日本中の競馬場をノーブルで旅しながら巡ること。

そんな夢を見たり、叶えてもくれる、それがキャンピングカーなんだと思います。

だから私は、これからも ずっと 愛車 ZiL Noble と 愛妻を 大切にしていきます。

 

 

撮影機材=(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2018.3.30 道の駅やす の モーニングセット

春爛漫、快晴の土佐を妻とノーブルで旅している。

ざっくりな予定しか立てず、行き当たりばったりだが、いい加減な性格の自分には それが とても楽しいんだ。

 

「手結港可動橋 ※前記事参照」を見てから、程近くにある「道の駅やす」に来てみた。

ここの道の駅は ”土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線” の「夜須駅」と隣接して建っているため、鉄道でも行くことができる道の駅である。

綺麗に整備された施設で とても居心地が良いし、周りの環境も静かで 車中泊にも向いていそうだ。

 

「ごめんなはり」・・・?

どこかの土地なまり言葉にありそうだが、御免駅と奈半利駅を結ぶ第三セクターの鉄道だ。

 

場内の駐車スペースにノーブルを停めて、趣味のデジタル一眼レフカメラを首にぶら下げてから 運転席を下りた。

すると 地元の おじさんがニコニコしながら声を掛けてきた。

「いいねー、キャンピングカー! 私も欲しいんだよ。 この車は大きいけど、車内で色々できるの?」

「はい、ベッドルームとシャワー室とキッチンが付いています」

「トイレは?」

「トイレはシャワー室内に付いています」

「凄いねえ、これがあれば どこでも泊まれるでしょ・・・」

そんな会話が弾んで、土佐の方の人懐っこしさを感じた。

 

夜須駅に 一両編成の電車が到着した。

屋根にパンタグラフが付いていないからディーゼル機関なのだろう。 一両編成って何だか可愛いし、海岸線に沿って走るのかなぁ・・・ きっと乗ったら楽しいんだろうと思う。

f:id:ZiLNoble:20180330104740j:plain

 

道の駅の裏手には太平洋と美しい砂浜が広がっていた。

海を見渡せるカフェを見つけて入ってみる。

f:id:ZiLNoble:20180330112939j:plain

 

モーニングセットです。 カフェの名前は「mana*mana(マナマナ)」

海を眺めながらのモーニングは、正にこのカフェだからこその素敵なテイスト。

とっても幸せな時間を味わえます。

f:id:ZiLNoble:20180330105907j:plain

 

屋上の展望所に上ってみた。

おー、いつの間にか愛車のノーブルと並んでキャブコンが止まっている! 形からして姉妹車だ。

 

こんな時、何故だか 少し嬉しい気持ちになるのは自分だけだろうか。

ナンバーを確認すると なんと北海道から お越しで、新車なんだろう 車体がピカピカと輝いていた。

※ 帰宅してから調べると最新型の ZiL Noble でした。

f:id:ZiLNoble:20180330111846j:plain

 

うちのノーブルだって出掛ける前には洗車してきたのに・・・

さすがに5年目を迎えた愛車には新車時の輝くボディーはないが、乗らない時には家から少し離れた月極駐車場に置いてあるので いたずらとかが心配だったし、むしろ少し使い込んだ今くらいがいい感じなんだ。

話は違うが、以前に、現行カムロードの一世代前にあたる旧型のTOYOTAトラックを使ったキャブコンで とてもキレイな外観を保っているものを見たことがある。 よく手入れが行き届いていて 旧型を感じさせないほどであった。 その時、自分もこのキャンピングカーの様に ノーブルを ずっと大切に乗っていきたいと思った。 「とりあえず定年までは このまま乗って、定年したらオールペンするのもありかなぁ・・・」なんて考えてもいる。

  

駐車場とは反対側の、太平洋を臨む。

とても美しい青い海と空! やわらかな春の風がそよぎ抜けていく、最高に気分がいいぞ。 思わず両手を青空に広げて背伸びした。 「う~ん、高知って最高!」

f:id:ZiLNoble:20180330112107j:plain

 

いつも見慣れた瀬戸内の海も好きだが、太平洋もいいなぁ・・・・

瀬戸内では観ることができない水平線が左右に続く海を、しばらく 妻とふたりで眺めて楽しんだ。

f:id:ZiLNoble:20180330112135j:plain

 

ノーブルがあって、そして自分には いつもキャンプに付き合ってくれる 優しい妻がいる。 頭がよくって働き者で、よく気が利いて・・・

自分にはもったいないくらい出来た女房で、俺ってホント幸せもんだと思う。

「いつも、ありがとう。 心から感謝してます・・・」

いつまでも二人とも元気なままで、ノーブルで色んな所に出掛けたいなぁ。 そんなことを願っています。

 

 

撮影機材=(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2018.3.30 そそり立つ道路を見つけて・・・

 高知県の土佐東街道を ZiL Noble で西へ向かい走る。

今日の予定は南国インターチェンジから高速道路に乗り、香川県まで移動するつもりだ。

土佐の快晴の空は、ドライビングの楽しさを倍増してくれている。

キャブコンの運転席からの眺めは最高で、日頃 乗用車にばかり乗っている人には 味わえない「眺めの楽しさ」がある。

若いころに乗っていたハイエースベースのキャンピングカーでも同じことを感じたのだが、ノーブルの運転席は更に高い位置にあるため より遠くまで見渡せるのだ。

 

街道のトンネルを抜けると視界が開けて左手に海岸線が広がった。

ほんの少しの時間をおいて、以前TVで観た建造物が目に飛び込んできた。

「あっ、あの突っ立ってる道路、テレビで見たことある!」

「どれ? ・・・ あー あれ! 何・・・?」

「前にテレビでやってた。 あれは橋なんだよ、面白そうだから寄ってみようか!」

この辺りと見当をつけて街道を左折すると、目標の場所にたどり着けた。 

 

手結港可動橋(ていこう かどうきょう)だ。

テレビで一度 観ただけの情報だったが、こんな偶然に見つけるなんて、やっぱりキャンピングカーの行き当たりばったりの旅は面白い。

f:id:ZiLNoble:20180330102813j:plain

 

まるで道路が地面に突き刺さっている様にも見えるが、跳ね上げ式の可動橋である。

f:id:ZiLNoble:20180330102048j:plain

 

残念ながら ついさっき開いたばかりのようで、次回の可動時刻までは待ちきれないが 橋の横にある設備の屋上が展望所になっているので、趣味のデジタル一眼レフカメラを片手に上ってみた。

 

運河の奥が手結港(ていこう)の内湾で、江戸時代の初期に人力で掘って作った日本最古の掘り込み港湾だそうだ。

そして今なお 地元の漁師さんの生活を支える大切な港として使われているのだ。

参考記事=手結港(内港)

可動橋 & 江戸時代に作られた港を観る価値は十分にありますから、お近くを通りかかるキャンピングカーは、よかったら立ち寄ってみてください。

f:id:ZiLNoble:20180330102422j:plain

 

風光明媚とは正にこのこと。

しばらく眺めを楽しませて頂いた。

f:id:ZiLNoble:20180330102627j:plain

 

可動橋の道路わきに周辺の観光案内版が立ててあった。

すぐ近くに道の駅が在る!

時間も自由気ままな旅だし、立ち寄ってみることにした・・・・

 

撮影機材=(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする