「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて~

キャンピングカー ZiL Noble で出掛けた先の写真をアップしています

  ZiL Noble でキャンプするのが好きです。 自然の中に身を置いて、ノーブルのリビングソファーで風を感じながら珈琲を飲む、それが私にとって至福のひと時なんです・・・・

RVパーク「ゆばら湯っ足り広場」に2泊3日、キャンプ 2日目 のれんの町 ”勝山”

以前にテレビで知ったのだが、勝山の町並み保存地区は「のれん」で有名とのことだ。 そんな町並みにも期待をしている。

 

「中国勝山」の駅前から続く商店街へ歩いていくと、田舎町ならではの商店街の雰囲気はあるが町並み保存地区と言うほどでもなかった。 のれんが掛かったお店も在るが、ない店も在るし・・・

 

更に少し進むと交差して別の商店街が在った。 おお、いいねぇ!

白壁の旧家が建ち並び、正にこの雰囲気こそ町並み保存地区だ。

軽自動車同士がすれ違うのにちょうどいい道幅の道路は石畳で、一直線ではなく隣を流れる旭川に沿って緩やかに蛇行していた。

f:id:ZiLNoble:20160730150030j:plain

 

ここ勝山には勝山城跡も在って古くから栄えてきたそうで、道の両側には白壁の歴史を感じる商店が並ぶ。 そして お店ごとに特色ある「のれん」が玄関を飾り、夏の風が 柔らかに のれんを揺らしていた。

のれんは店の顔。 きっと思いおもいのメッセージを込めて作られているのだろう。

こうして毎日軒先を飾っているのだから、風に吹かれ雨に打たれ、日差しをあびては少しずつ傷むはず。 きっと5~6年ごとには新調しているのだと思う。

f:id:ZiLNoble:20160730145107j:plain

 

可愛い郵便局を発見! のれんも「郵便ポスト」の柄だ。

f:id:ZiLNoble:20160730145946j:plain

 

それにしても「あー、あぢーぃ、休憩したいよー・・・」

日中の暑さもさることながら、野球観戦で完璧に熱せられた身体は年甲斐に きちんと応えるかのごとく「ちょっと休憩させて」と要求していた。

 

駅前にも喫茶店は在ったが、もっと雰囲気の良い店がいいと通り過ぎてきた。

すぐに見つかると思っていたが、うーん どこか良い店は・・・・ あったー、ここいいね!

隠れ家っぽい感じが興味をそそって、妻も気に入ったので入ってみた。

f:id:ZiLNoble:20160730150205j:plain

 

トンネルの様なエントランスを抜けると、古民家を改装したカフェの中庭に出た。 このスペースもいい雰囲気だ。

続く母屋に入ると、レジが有り ここで注文するシステムだ。

店主は若くて可愛らしい女性で、なんとこの地が気に入ってアイターンしてきてカフェを始めたそうで、クーラーの効いた店内には女子同士のお客さんが数組居て賑わっていた。

 

涼しそうであったが、静けさも ほしかった自分たちは石積みの古い階段を下りて川沿いの誰も居ないテラス席に座った。

旭川の流れを観ながら、注文したアイスレモン珈琲で乾いた喉を潤した。

うーん、はじめての味は まずまず美味い。 何より雰囲気が最高だし、勝山に来たら次も立ち寄りたい。 ちなみに店名は「かぴばらこーひー」です。

f:id:ZiLNoble:20160730151253j:plain

 

朝から昼まではお天気であったが、午後の3時を過ぎると雲行きがあやしい。 どんよりとした空の様子から、今にも雨が降ってきそうな感じだ。

そう思っていたら ポツン ポツン と雨が降り出した。

傘など持たずに来たので、頭のいい人なら このタイミングでキャンピングカーに戻るのだが、酒蔵がどうしても気になって急ぎ足で向かった。

 

白壁が重厚な酒蔵店の のれんを潜ると、タイムスリップした感覚になった。

とっても古い酒蔵で、重厚な、そして日本人なら いや外国人だってきっと「自然と心が落ち着いてくる」 そんな素敵な景色にグッと心が引かれた。

f:id:ZiLNoble:20160730153618j:plain

 

ガラガラガラ・・・

戸を開けて店内に入ると、日本酒好きにはたまらないであろう地酒がオシャレなレイアウトで並ぶ。

写真を撮ってもいいですか? どうぞどうぞ。 快く撮らせていただけて、カメラが趣味の自分には有難かった。 と言うのも断られる事もよくあるからだ。

f:id:ZiLNoble:20160730154625j:plain

 

自分は下の写真一番手前に写る 水色のガラス瓶の「9=ナイン」と言う生冷酒を買った。

お店の方との会話が弾んだ。

すると、店主は女性で、先代から店を継いでから試行錯誤して新たな酒を開発したとのことで、この「9」と言う日本酒もその ひとつだそうだ。 今日はお店には顔を出していなかったが一度会ってみたいなぁ。

f:id:ZiLNoble:20160730154206j:plain

 

保冷剤はどうしますか。 いらないです。

えっ? 冷やしていないと直ぐに味が落ちますから・・・

車に冷蔵庫が付いてるんですよ、キャンピングカーで来たんです。

えー、キャンピングカーですかぁ・・・・

 

外はいつの間にか ざんざん降りだ。 しばらく店の中で雨宿りさせてもらう。

すると若い男の店員さんがスマホで天気を調べてくれて「じきに止む」とのことで、雨脚が弱まった隙にノーブルまで戻った。

 

本当はもっとゆっくり勝山を観て回りたかったが、天気もこんなだし、自分は珍しく早起きしてカメラ遊びで疲れてきたし、ここいらでRVパークに戻ることにした。

 

さっき行った酒蔵の横をノーブルで通過した。

ここのお酒ですが、この後に晩酌で飲んだのですが、じつに美味い地酒なので 日本酒好きの方には お勧めします。 後で酒蔵のHPを拝見したらレストランもされているそうで、次には行ってみたいです。

備前酒蔵公式HP → http://www.gozenshu.co.jp/

f:id:ZiLNoble:20160730163715j:plain

 

雨の中、ノーブルで国道313号線を旭川に沿って北上する。

町を出る前に国道沿いの「マルイ勝山店」と言うスーパーで夜食を買った。

ここが「ゆばらRVパーク」からは一番近い店だ。 ※湯原温泉からは車で30分です。

 

キャンピングカーは贅沢品だ。

今年はお陰様で自営業が繁盛していてノーブルに乗る機会が減っている。

乗らずにいれば宝の持ち腐れ。 黙っていても税金と自動車保険車検費用に駐車場代が掛かってくる。 だから乗れずにいる今年は贅沢品であることを痛感している。

でも、こうしてキャンプに出ればお金は それほど掛からない。

交通費だって高速代は普通車と同じ。 デカい図体のわりには燃費も 7km/Lも走るし、食費は掛からない。

道の駅や観光名所のレストランで食事したり、キャンピングカーの中で自炊すれば お金は掛かるのだが、これは家に居ても同じこと。 そう考えれば食費が掛からないのがキャンピングカーのいいところだ。 ホテル代も掛からないから旅に出るからと言って予算を考なくていいし、遠出はしない自分には お金の心配は必要ない。

 

・・・訂正します。 妻的にはキャンピングカー遊びだってお金は掛かるそうです。

 

まあ、そんな感じで贅沢品なことは間違いありませんが、一番のいいところは満足感だ。 こんなにも楽しくて面白いことが自分たちは味わえる。 それが何より特別な満足感だ。 そして家族と過ごす「大切な思い出の時間」は架け替えのない宝物に感じるのだ。

 

続く・・・

 

 

参考=撮影機材(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

広告を非表示にする