「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて~

キャンピングカー ZiL Noble で出掛けた先の写真をアップしています

  ZiL Noble でキャンプするのが好きです。 自然の中に身を置いて、ノーブルのリビングソファーで風を感じながら珈琲を飲む、それが私にとって至福のひと時なんです・・・・

RVパーク「ゆばら湯っ足り広場」に2泊3日、キャンプ 初日

7月の終わりにキャンプに出掛けた。

共働の妻と休日を合わせて 久しぶりに2泊3日のノーブルキャンプだ。

 

朝から出ようと妻と約束していたのに、自営業の仕事を切りよく済ませてから出掛けたくって 出発は午後に成ってしまった。

 

今回は、5月にも一度行った岡山県北部に在る「RVパークゆばら湯っ足り広場」に行くのだ。 今の時期はRVパークに行くのがいい。 サブバッテリーの寿命を延ばしたいからだ。

ノーブルを新車で購入してから二年目まで、キャンピングカーとしての性能を存分に発揮させてきた。 ノーブルの電気系機能は素晴らしく、トリプル・サブバッテリーのおかげで夏場のキャンプでもエンジンを掛けずにルームクーラーを効かせて快適に過ごせた。 ではあるが、私が無知なせいでバッテリーを酷使し過ぎてしまい二年足らずで寿命を迎えさせてしまったのだ。 車検時にサブバッテリーを新品に交換したので、今度は大事に使って長持ちさせたい。 対策として、ルームクーラーを使いたい時期には 積極的にRVパークを利用している。 どこまでサブバッテリーの寿命が延びるのだろう・・・ 私は大きな期待をしていて、例えば1~2年も寿命が延びれば大成功だ。 何しろバッテリーを一度に3個も換えると それなりの費用が掛かってしまうのだから。 結果が出るまでしばらく掛かるが、解ったらブログでご報告したい。

 

高速道路を利用して湯原温泉に着いた。 こちらのRVパークは真庭市が運営していて、岡山県では民間経営の「RVパーク西山高原」に次いで 二番目のオープンとなる。 こうしてRVパークが増えてくれることは 私達キャンピングカー愛好家にはあり難い。

公営であるために16時までが受付時間と成っているが、遅刻して到着したのに快く受付てくれた。 ちなみにRVパークに隣接している湯原振興局・地域振興課にて受付してくれる。

湯原振興局が入る建屋は廃校と成った小学校の木造校舎で なんとも風情と歴史を感じさせてくれる。 館内に入るとすぐ目に付く所に金魚が泳ぐ水槽が置いてあって来客者に温かみを感じさせるてくれる。 戦前に建てられたのだろうか、よく手入れが行き届いていて文化財級の木造校舎を拝見できた。 貴重な建造物を眠らせておくのではなく、市の分庁舎として利用していることは素晴らしいと思うし、この校舎だからこその 何とも言えない温かみを感じたのである。

受付を担当してくださった職員の方はU氏。 気さくで 優しい笑顔のハンサムボーイで、いかにも公務員ですとよ言う印象が まったくなく、長髪ぎみに柔らかいパーマを掛けていて仕事着もオシャレな私服にされていて、はじめて御逢いしたのに私達夫婦の心をあっという間に開かせてくれた。 そんなU氏は自らも牽引式のキャンピングトレーラーを所有されているだけあって、キャンピングカーには実に詳しい。 こちらのRVパーク開設時には ご尽力くださったとのことで、キャンピングカー乗りの方が運営に携わってくれていることが何とも心強い。

 

受付も済ませてRVパークにノーブルを停めた頃には辺りは暗くなりはじめていた。

RVパークは旭川上流沿いの「ゆばら湯っ足り広場」の駐車場に設けられていて、目の前に新設のトイレが在るのでカセットトイレが装備されていないキャンピングカーでも便利に利用できる。 そして、RVパークには珍しいであろう "無料の足湯” まであるのが嬉しい。

 

こちらのRVパークだが、制約も少なく周辺の景観、さらに夜の静かさは保証付きで 自信をもってお勧めしたい。

①料金は受付時に支払い、チェックアウトの手続きはいらない。

②給水は湯原振興局にて無料で上水を入れさせて貰えて、水量の制限が無いので大容量の生活水タンクまで どうぞとのことだ。

③駐車スペース的には国産のカムロードベース車やバスコンは勿論、横幅のある外車サイズのキャンピングカーもいける。 クラスCまでと成るとTELで問い合わせた方がいいが、条件さえ合えば全長8mまでいけるそうだ。 ※車のサイズについては、下記の利用条件も参照ください。

④駐車スペースの横にサイドオーニングを広げるだけの余剰スペースも付いていて、基本料金のみで そちらも自由に使ってよいとのことなので、テーブル & イスを広げて熱い珈琲を沸かしながら読書をするもよしだ。

⑤電源は有料で、コイン式だ。 1時間=100円

⑥「くるま旅クラブ」のHPでは、ゴミ処理(有料)もOK.と成っているが、この件はくるま旅クラブが ”見切り発車した” との事で、今後に検討課題のところで話が止まっているそうだ。 旅先でゴミを処理させて頂ければとても助かるので、この件については是非とも前向きに検討してほしいところだ。

⑦テレビの映り具合は=ZiL Noble のオプションアンテナだとNHKEテレの2局だけだがきれいに映った。 ※TVの映りが今一つの場合は車を前後に20~30cm動かしてみると いい具合に映る場合があります。

⑧周辺の環境は、旭川沿いに営む温泉街まで徒歩10分で、日帰り温泉施設・無料の足湯(数か所在り)・地酒屋さん・お食事処・無料の露天風呂(砂湯)・湯原ダム等があります。 特に旭川の景色は条件があえば本当に綺麗で一見の価値がありです。 国道沿い(温泉街の入り口)にコンビニ在り。 スーパーマーケットまではキャンピングカーで30分。 その他、少し足を延ばせば 蒜山高原や 勝山町並み保存地区などの観光名所があります。 

 

「RVパークゆばら湯っ足り広場」

1泊 1,000円/1台(トレーラー含む)
※途中出入り可
※全長6m以内(ただし、リアオーバーハングが1.5m以上の場合は、全長8m程度まで駐車可) 

利用可能台数=3台(1区画あたりのサイズ:5m×6m)

利用期間=通 年

チェックイン=13:00~16:00

チェックアウト=11:00

ペット=OK.

発電機使用=不 可

参考記事=RVパークゆばら湯っ足り広場(岡山県)の情報|くるま旅公式WEBサイト

 

RVパークの駐車スペースは3台分です。 グーリン色に塗られた部分は自由に使える余剰スペースです。

奥に続くのが「湯っ足り広場」で、旭川の流れを観ながら入れる無料の足湯があります。

f:id:ZiLNoble:20160729182523j:plain

 

目の前にキレイな公衆トイレがあります。

f:id:ZiLNoble:20160729183026j:plain

 

外部電源供給設備です。 有料(100円/1時間)にて利用できます。 お札は使えないのでコインをご用意願います。

f:id:ZiLNoble:20160729182810j:plain

 

後方に市道が通っていますが、交通量は ほとんどなく静かです。 山並みと旭川に囲まれた緑豊かで、空気がきれいな環境です。

f:id:ZiLNoble:20160729183257j:plain

 

今日は仕事の疲れが残っているし早々に夕食にしよう。

途中のスーパーで買ってきた「冷酒の飲み比べセット」だ。 箱から出すと おまけの ぐい飲みが付いていた。 今風に言えば いいね!

f:id:ZiLNoble:20160729190204j:plain

 

さあ、好物の刺身で 一杯やるとするか。

f:id:ZiLNoble:20160729191235j:plain

 

今日、RVパークを利用しているのは我が家だけだ。

外部電源を使いルームクーラーを効かせ、妻と二人きりでリラックスした時間が静かに流れていく・・・

久しぶりのキャンピングカー泊、やっぱり ZiL Noble は最高に満足させてくれる。

仕事の疲れもあり、日が変わらないうちに寝心地抜群のベッドルームで就寝した。

 

明日の早朝に感動するほどの絶景を観れることを この時は想像もしていない・・・・

 

 

参考=撮影機材(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)