読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて~

キャンピングカー ZiL Noble で出掛けた先の写真をアップしています

  ZiL Noble でキャンプするのが好きです。 自然の中に身を置いて、ノーブルのリビングソファーで風を感じながら珈琲を飲む、それが私にとって至福のひと時なんです・・・・

カモメ舞う 高松‐宇野 航路

ZiL Noble を購入してから 家族で旅する日が増えた。

だからこそ、日常では味わえない感動がある。

 

春に出掛けた2泊3日の四国キャンプの帰路で、素敵なことがあった・・・・

 

四国は、私が住む街から海を渡ればすぐの所で よくノーブルでキャンプに出掛けている。 四国は広いから1泊や2泊くらいでは とても回り切れない。 だからこそ 行く度に新しいことを知れるし 楽しくて魅力的に感じ、季節が変わる度に行きたく成ってしまう。

こんなに頻繁に四国に渡る様に成ったのはノーブルを購入してからだ。 時間さえあれば気軽に旅に出掛けられる! それがキャンピングカーの素晴らしさなのだ。

 

桜の開花にあわせて出掛けた四国旅。

妻とも仲良く過ごせたし、天候にも恵まれて いい旅だった。

 

往復割引で買っておいた乗船券(復路)を手に、四国フェリー高松港ターミナルに着いた。 ※ 高松‐宇野 航路です。

 

私達キャブコン乗りには四国フェリーは欠かせない。 風が強い日には瀬戸大橋を渡ることは出来ないから フェリーが無ければ足止めを食うし、そうなれば仕事に支障が生じるから 本州から四国へキャブコンでは行くことすら出来なくなる。

そんな我々の事情とは関係なしに、毎年の様に 高松‐宇野 航路は赤字の話が持ち上がってくる。 現に もういっ社あった宇高国道フェリーは 2012年に惜しまれつつも運航を休止している。

勿論、私も瀬戸大橋は有難く通行させて貰ってはいるが、キャブコン乗りの強い味方としてフェリーに存続してもらうために、そして旅情を楽しむ観点からも、多くの方に四国フェリーを利用して頂ければと願っている。

 

そんな不景気な話はウソの様に、今日のフェリー乗り場は賑わっていた。

フェリーが着岸して船首のゲートが下りると 満載の車両が順に降りてきた。

f:id:ZiLNoble:20160331092348j:plain

 

もう慣れてしまったが、はじめてノーブルでフェリーに乗り込んだときは 少し緊張したっけなー・・・ なんて考えているうちに乗船の時間がきた。

船員に誘導されて乗船した。

f:id:ZiLNoble:20160331092630j:plain

サイドミラー越し

f:id:ZiLNoble:20160331093033j:plain

 

「今日は混んでいるし、サロン船室に行かないでノーブルで休んでいようか」

妻は阿吽でうなずいてくれた。

 

サードシートに二人並んで座る。 姉妹車の ZiL などと比べれば 決して広くはないが仲がよい私達にはちょうどいいリビングソファーだ。

TVを観ながら冷蔵庫で冷やしておいた缶コーヒーを飲むとするか。

f:id:ZiLNoble:20160331094321j:plain

 

乗船して間もなくすると、高松港を出港した。

少し このフェリーについて説明させてほしい。 四国フェリーの高松‐宇野航路には現在2隻のフェリーが 運航されていて、高松と宇野港を同時刻に出港し 途中ですれ違いながら1時間で対岸まで運んでくれる。 この2隻のどちらも同じくらいの大きさで、サンフラワー号の様に大きな船ではないが、サロン船室の売店では讃岐うどんも食べられて四国ならではである。 サロン船室の他に広いデッキがある。 デッキからの眺めは最高で、特に夕映えの瀬戸内海には本当に感動する。 そして2隻のうち、片方の船にはお風呂も備えられていて無料で入れるのだ。 風呂の入り口には女性が入る際の掛札が用意はされているが、いつもトラックのプロドライバーが使っているから実質 男性専用となっている。 船で入るお風呂は なんとも気持ちがいいし 得した気分になる。 だからこの船に乗ったなら キャンピングカーの運転で疲れたお父さんは是非タオル一本首に掛けて、お風呂も利用してみてほしい。

 

航路の半分くらい来ただろうか。 隣に居る妻は旅の疲れもありウトウトとしている。 つけっぱなしのTVは面白くもない話題を取り上げているし、妻に話し掛けて起こしてもかわいそうだから、趣味のデジタル一眼レフカメラを首にぶら下げて撮影を楽しむことにした。

 

車両フロアーから階段を上りデッキまで上がった。

混雑する程の盛況に感じていたが、利用し慣れた地元の方ばかりが乗っているのかデッキは無人だった。

f:id:ZiLNoble:20160331095458j:plain

 

遠方の釣り船を見つけて逆光ぎみに望遠で狙う。 よし、いい感じで撮れた。

f:id:ZiLNoble:20160331094748j:plain

 

おっ!デッキの窓枠越しに(ガラスは入っていません)カモメが見えた。

こんな瞬間を上手く収められると嬉しいのだが・・・

よし、まずまずのショットだ。

f:id:ZiLNoble:20160331094918j:plain

 

そして屋上にある展望デッキへ登ると、 沢山のカモメがフェリーを追うように舞っていた。

f:id:ZiLNoble:20160331094950j:plain

 

「凄ぉーい!」 思わず声が出た。

なんて素敵な光景なんだ。 四国フェリーには何度も乗っているが、20年も前に妻と乗った北海道行きの大型フェリーで一度だけ観たことがあったが、久しぶりの、そして人生で二度目の貴重な体験だ。

f:id:ZiLNoble:20160331095016j:plain

 

カモメを被写体にするのは初めてだ。

空の色と同化しないように、試行錯誤しながらカメラの設定を変えて撮る。

特に難しいのは露出の設定だ。 確認はカメラのモニターだけが頼りだが、昼間の屋外では画面が暗く確認しずらい。

それでも どうにか設定を追い込んでからコンティニアンスAFモードでカモメを追う。

f:id:ZiLNoble:20160331095221j:plain

軽やかに舞うカモメ達。 あんなに自由に飛べて、きっと気持ちいいんだろうと思う。

f:id:ZiLNoble:20160331095232j:plain

f:id:ZiLNoble:20160331095237j:plain

f:id:ZiLNoble:20160331095328j:plain

駄目だ、いまひとつピントが来ない。 ならばとマニュアルフォーカスに切り替えて手動でピントを合わせるとカモメを鮮明に捉えることが出来た。

f:id:ZiLNoble:20160331095328j:plain

望遠いっぱいに捉えるとカモメの顔までが解った。

f:id:ZiLNoble:20160331095353j:plain

ふーん、カモメはこんな顔をしていたんだなぁ。 可愛い顔をしている。

f:id:ZiLNoble:20160331095423j:plain

f:id:ZiLNoble:20160331095426j:plain

上のカモメとは違うカモメです。 顔が違うので解ると思います。

f:id:ZiLNoble:20160331095434j:plain

 

気づけば夢中に成ってファインダー越しにカモメを追っていた。

 

ノーブルに戻り妻に報告した。 得意に成って写真を見せる私がいた。

いつの間にか 大人に成っていくほど常識に縛られ、大人に成りきろうとするほどストレスを感じていた自分。 背伸びせずに いつまでも少年の様に澄んだ心のままでいたい。 それが本音だし、こんなにも童心に戻れて そう自然に出来ている自分を嬉しくも思う。 きっと妻の目にも、そんな私が とても子供っぽく映っているのだろう。

それでいいんだ。 それが俺の人生だし、人ってそんな時があった方が人らしくって いいんだと思う・・・

こんなにもドラマチックな旅ができて、やっぱり思うことは「キャンピングカーは最高に楽しく面白い」と言うことなのだ。

 

あっという間の瀬戸内クルーズだった。

宇野港に着岸した。

さてと、愛車 ZiL Noble で上陸して、我が家に帰るとするか。

f:id:ZiLNoble:20160331103629j:plain

 

参考=撮影機材(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

広告を非表示にする