「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて~

キャンピングカー ZiL Noble で出掛けた先の写真をアップしています

  ZiL Noble でキャンプするのが好きです。 自然の中に身を置いて、ノーブルのリビングソファーで風を感じながら珈琲を飲む、それが私にとって至福のひと時なんです・・・・

雑感、その7

いつもありがとうございます。

「ZiL Noble 白書」を書いておりますTakaと申します。

このところブログの更新が滞りぎみですみません。

何ごともそうですが、ブログをコンスタントに更新し続けている方は本当に凄いなって尊敬します。 実際にブログを書いてみて その大変さを痛感してきました。

微力ですがキャンピングカーの記事を私なりに発信し、「キャンピングカーの楽しさ」を お伝えできるようにマイペースで更新していきますので どうぞ宜しくお願いします。

 

今日の雑感は読んでいると眠くなる効果抜群ですので、どうぞ斜め読みされてください。

 

1.我が家の ZiL Noble の乗り心地について記します。

キャンピングカーショップの勧めで、ノーマルのサスペンションからLTコンフォートサスに、タイヤもノーマルの195/70-15 106/104L(ブリジストン)から215/65R15 110/108L LT(ダンロップ)へ交換しました。

この二つが合わさった効果として走行性能と乗り心地が向上しています。

シャーシからボディーまで一体に設計されている外国製のキャンピングカーと比べると国産のキャブコンはトラックのシャーシに架装して作られているために高速道路での直進安定性やコーナーリング時の踏ん張りは さほど良くはありません。

それでもショックアブソーバーを高性能なものに交換することで、ある程度は走行安定性を向上することができます。 併せて、タイヤをサイズアップしたことで高速道路でのパンクが起きにくくも成ります。

又、運転席&助手席+とくに後部座席の乗り心地が向上できました。

 

先日、横浜から友人1名が遊びに来たので、キャンピングカー遊びに連れていってあげました。

我が家から1時間ほどの 海沿いのポイントに行って、妻と友人が海辺散策に出掛けている間に 私がノーブルのキッチンでスパゲティやサラダ等を簡単に作ってあげて、海を見ながらノーブルのリビングで食事を楽しみました。

友人は初めてのキャンピングカー遊びが楽しかったようで、とても喜んでくれました。

その行き帰りは 妻と友人 二人がリビングのサードシートに座っていたのですが、友人から「乗り心地がいいねぇ」と言われて、「それほどでも、きっとお世辞だろう・・・」なんて思っておりましたが、帰宅してから妻にも訊いたところ「初めてサードシートに長い時間 座ってみたけれど、嫌な揺れとか振動もなかったし、普通に乗り心地よかったよ」とのことで、例えばマイクロバスと比べてどうなのか?とも訊いたのですが「マイクロバスの狭いシートよりも ゆったりとしているし、いいんじゃないかな、乗り心地の悪さはまったく感じなかったから」とのことでした。

ちなみに新車で乗り始めたばかりの頃は足回りはノーマルのままでしたから、今よりも運転性とサードシートの乗り心地は悪かったです。 ご参考いただければ幸いです。

 

2.洗車のお話・・・ 

①先日、ノーブルを購入してから4年目にして初めて、そして人生でも初めてのキャブコンの屋根の洗車をしました。

汚れたキャンピングカーでは出掛けたくないので洗車は まずまずしている方だと思います。 でも屋根の上だけは高所ですし足を滑らせて落ちたりしたらと思うと なかなか出来ずにおりました。 キャンピングカーショップに有料でいいから洗って貰えないかとも お願いしてみましたが そのサービスはしていないとの事で、3年余りを掛けて屋根だけは少しずつ汚れていきました。

このところ あまりにも屋根の汚れが目立ってきて いよいよやらねばと決心しまして 梯子を登り屋根に上がって洗車しました。

屋根の上に立った時の視線は想像どおりに高く、へっぴり腰に成りながら、時には屋根に這いつくばりながら どうにか洗車し終えました。

その際の感想ですが 「やっぱり怖かったぁー」。

オプションのソーラーパネルが載っているため、ソーラーパネルの発電面は洗えましたがその下には手が入らずに洗えませんでした。

それから屋根の部位によっては人が乗るには強度的に不足していて 軽くベコンとへこんでしまう部位もありました。 足元が一瞬ぐらっと成ったのでビックリしました。

洗車し終えてみて、ソーラーパネルがキレイに成ったので本来の性能を発揮してくれると思いますし、やっぱり屋根まで洗車すると綺麗さが違って、やってよかったと満足しております。

でも怖いから数年先までは屋根に登らないことを「ここに宣言します」。

 

②洗車道具ですが・・・

背が高いノーブルの車体を掃除するのに ちょうどよい道具がみつかりました。

これまでもカーショップで洗車道具をいくつか購入しては試してきたのですが、例えば柄が伸び縮みするタイプだとストッパーをしっかり締めておいても縮んできたり、あるいは先端のモップ部の結合がねじ込み式の場合、力を入れて洗車していくうちに緩んできてしまうんです。 これではその都度 緩みを締め直さなければならず、またかぁって成ってしまいます。 それに足台を使っても一番高い所まではモップが届かないし、ボディーにホースで水を掛けながらの作業と成るために水が跳ねて頭から服まで濡れてしまうし、なにしろノーブルは車体がデカいだけに洗うのがホントに一苦労で 時間も掛かって 終わる頃には肩や手が疲れて・・・

そんな感じだったのですが、カーショップの洗車コーナーに ひとつだけ売れ残ってホコリをかぶった道具を発見して  正にコレだ! と、迷わずに購入しました。

それは こちら↓の洗車道具です。

f:id:ZiLNoble:20160727154933j:plain

WAKO [ ワコー ] カチッと水出し洗車スポンジ伸縮アルミ柄付 [ 品番 ] CS56

参考=Amazon の商品ページ

 

この商品はなかなか良い物で、柄の先端にホースを繋げる用になっていて、スポンジから水が出る仕組みです。 長さも十分にあり、伸び縮む柄のストッパーも強力なので作業中に長さが変わらないのも良い点ですし、先端のスポンジは しっかりと固定する様に留めてあるので柄と一体に成っていて力を掛けても問題ありません。

 

さてはて 使ってみた結果は ⇒ 「洗車し易くて・あんまり水の跳ね返りもなく・(今までと比べると)超楽ちんだし・おかげで洗車時間も短くなったよーっ」でした。

 

3.水の管理について

ZiL Noble の水回りは、①生活水タンク ②飲み水用ポリタンク ③カセットトイレ用の洗浄水タンク の三つがあります。

これらの水を管理するのに、出動頻度が少ない我が家の場合、何度か腐らせる失敗をしてきました。

マニュアル通りに水抜き作業をしても残水が残りヌメリや臭いが発生したこともあって、思いつきで 試しにキッチンハイターを①と③に入れてみたところ効果抜群でした。

 

①生活水タンク

生活水タンクにハイターを入れることで水が腐らないのですが、ハイター特有の臭いと手を洗った際の指先にはツルツル感が残って そこはマイナス面でした。 それでもハイターの分量を少なくしていったところ、気にならなく腐らない分量が解りました。

 

②飲み水用のポリタンク

使用後は空にしておきますが、残っていた少量の水が腐っていたことがありました。

そこで、使い終え水を捨ててから(ポンプ側の)キャップを開けておくことにしました。 こうすることでタンク内は乾燥して、次にキャンプで使う際には乾いたタンクを使えます。

 

③トイレの洗浄水タンク

以前、キャンプ先で妻がトイレを使用した際に、「真っ黒な水が出てきた・・・」と成ったことがありました。 おそらく洗浄水に入れてあったアクアリンスの影響もあって、水が腐った際に黒く変質したのだと思います。

キッチンハイターを入れたところ、洗浄水が腐らなく成っただけでなく、タンク内壁にこびりついていた黒いカビもキレイに無くなってくれました。

 

キッチンハイターですが、化学反応で金属を錆びさせることもあるそうですから、気にされる方にはお勧めできませんが、私は自営業者ですし、キャンピングカーの管理に時間をあまり取れないので、こんな方法を思いつきました。

 

雑感、終わります。

 

 

 

 

広告を非表示にする

RVパーク「ゆばら湯っ足り広場」に2泊3日、勝山を後にして 温泉と地酒と ZiL Noble で・・・ 最終話

勝山の町を後にして、国道を旭川沿いに進む。

勝山は いい町だった。 野球観戦をしてから行ったから ゆっくり観る時間がなかったが、もう一度 行こうと思う。 たぶん、その際にも「9」と言うお酒を買うと思う。

※ 後で飲んでみた感想は=フレッシュな まるで瓶詰したばかりの白ワインの様で本当に美味しかったです。

 

雨のドライブでも妻と一緒なら楽しい。

ZiL Noble を買ってよかったなって思う。 だって、自分の中で優先順位を付けるなら、これほど楽しい遊びは他にはないからだ。

もうひとつ付け加えれば、ZiL Noble で出掛ける時は必ず妻か母か、妻と母かが同乗している。 家族と楽しむ時間が作れるのがキャンピングカーならではの特別の楽しさで、例えばテレビを観るにしても家のリビングで観るよりもノーブルで観るとなぜか何倍も楽しさは増す。 家族と一緒に楽しもうと無意識の中で「そうさせてくれる」それが ZiL Noble なのだ。

 

助手席の妻にカメラを預けて写真を頼んだ。

妻と私の共通の趣味はデジタル一眼レフカメラだ。 そしてこうしてノーブルで出掛けた先でも写真を撮るのが これまた楽しい。

今回の記事で使わなかったけれど、カフェの写真は妻の方が数段上手に撮っていた。

女子ならではと言うか、写真は理屈とかじゃなく感性、女性でなければ撮れない写真ってあるのだと思う。

 

雲から繋がるように垂れ込んだ霧が、向こうの山を覆っている。

フロントガラスに付いた雨粒をワイパーが間欠で拭ってくれる。

f:id:ZiLNoble:20160730163753j:plain

 

我が家のノーブルはLTコンフォートサス+タイヤのサイズアップがしてあって、トラックなりではあるが十分に満足できる乗り心地の良さである。

このことは後の記事で記したいと思う。

 

田んぼの稲は こんな天気だからこそ緑色が青々と映り、疲れた体に効く様に鮮やかなコントラストを放ってくれていた。 うーん、田舎の自然は優しく ほんとに気持ちがいい。

f:id:ZiLNoble:20160730164655j:plain

 

湯原温泉には「湯本温泉館」と言う日帰り入浴施設が在る。 

前回に ゆばらRVパークに来た際には そちらを利用したが、RVパークから徒歩で7~8分程 歩かなければならないので、今回は勝山から湯原へ向かう国道313号沿いに在る温泉を利用してみようと思う。

 

RVパーク受付の際に教えてもらった二つのうちの ひとつ「足温泉(たるおんせん)」に寄ってみた。 ところが施設の駐車場は混んでいて おまけにキャブコンには狭すぎて場内で切り返すことも無理な感じであった。

いい雰囲気の温泉だったが諦めて もう一つの温泉に向かうことにした。

 

313号線を更に湯原方面に進む。

「下湯原温泉ひまわり温泉館」の看板を見つけて右折すると すぐに在った。

こちらは ”道の駅” ならぬ ”湯の駅” と言う施設に温泉が併設されているので、駐車場は広く しかも空いていた。

ここはよくあるスーパー銭湯とは違い、露天風呂しかない。

更衣室も体を隠せる程度の小屋だから湯上りに休憩できるスペースもないし、そこを期待する方には満足できないと思うが、開放感が最高の露天風呂だ。

それからペット専用の温泉もあるので、ワンちゃん連れのキャンパーにはお勧めスポットである。

 

温泉に浸かりながら地元の方と会話できた。

他のお客さん同士も仲良く挨拶を交わしていて 、どうやら ほとんどは地元の方のようだ。

地域にこんな施設があるのはコミニュケーションの場に成り凄くいいと思う。

 

”湯の駅” にも立ち寄ってみた。

クーラーが効いていて温泉で火照った体を冷やしてくれた。

新鮮な地産野菜などが沢山売られていて、レストランも在った。

 

ノーブルに戻ると温泉から先に上がった妻がクーラーを効かせたリビングでくつろいでいた。

ノーブルはリモコンキーもあるから、こんな時は一人ずつキーを持っていられるので助かる。

「飲む?」半分飲みかけのダイエットコークのボトルを手渡しされてラッパ飲みする。

乾いた喉に炭酸がシュコーッと染みてきて美味い。

ノーブルはまるで家のリビングと同じである。 冷蔵庫があるから冷えたコーラも飲めるし、お行儀悪くソファーに寝そべる様にくつろいで居られる。 このまま家ごと走ってどこへでも行けるんだから本当に素晴らしい。

アメリカやヨーロッパは歴史があるが、国産のキャンピングカーは以前はしょぼかった。 自分が若い頃に乗っていたハイエースロングのキャンピングカーはワンオフで作ったし、当時はキャンピングカーを作っているメーカーも少なかったと思う。

それが今では こんなにも素晴らしい物を作ってくれているのだから、ここまで相当に研究を重ねて ようやくここまで来たのだと思う。 こうしてクオリティーの高いキャンピングカーを出来上がった状態で購入できるのは有難いし 、これまで開発に携わってこられた技術開発者の方 全員に称賛を贈りたい。

 

さあ、湯原のRVパークに戻るとするか。

ノーブルのエンジンを掛けて旭川沿いの道に出ると、幻想的な景色に出逢えた。

f:id:ZiLNoble:20160730185151j:plain

 

川面を白い霧のじゅうたんが覆っていた。

妻「凄ーい・・・ きれいだねー・・・」

自分は早朝に湯原温泉の川面でも見たし、まったく こんなにも綺麗な自然現象を一日に二度も観れるだなんて・・・・

 

ノーブルを停めて写真を撮る。

乗用車で旅をしていれば旅館の風呂にしか入らないし、ノーブルで旅するからこそ観ることができた景色だ。

日暮れ前の静かな旭川。 カメラには上手く収められなかったが、向こう岸の宿木には沢山の白いサギが留っていて、自然の優しさに触れることができた。

f:id:ZiLNoble:20160730185617j:plain

 

写真を撮っているうちに、あっという間に霧は消えていった。

時間にすれば5~6分だったと思う。 実にラッキーなタイミングだった。

朝の川霧は自分しか見ていなかったから、妻にも見せてあげられてよかった。

 

RVパークに戻ってきた。

いやー、今日はよく遊んだなぁ。

ホントに楽しい一日だったしドラマティックだった。

妻とも仲良くできたし、色々面白いことが あったけれど「中国勝山駅の猫の駅長さん」は可愛かった。

さあ、今夜もルームクーラーを効かせた居心地抜群の ZiL Noble のリビングで、愛妻と二人くつろぎながら、買ってきた地酒で一杯やるとするか・・・

f:id:ZiLNoble:20160730200458j:plain

 

終わり

 

 

 

参考=撮影機材(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

RVパーク「ゆばら湯っ足り広場」に2泊3日、キャンプ 2日目 のれんの町 ”勝山”

以前にテレビで知ったのだが、勝山の町並み保存地区は「のれん」で有名とのことだ。 そんな町並みにも期待をしている。

 

「中国勝山」の駅前から続く商店街へ歩いていくと、田舎町ならではの商店街の雰囲気はあるが町並み保存地区と言うほどでもなかった。 のれんが掛かったお店も在るが、ない店も在るし・・・

 

更に少し進むと交差して別の商店街が在った。 おお、いいねぇ!

白壁の旧家が建ち並び、正にこの雰囲気こそ町並み保存地区だ。

軽自動車同士がすれ違うのにちょうどいい道幅の道路は石畳で、一直線ではなく隣を流れる旭川に沿って緩やかに蛇行していた。

f:id:ZiLNoble:20160730150030j:plain

 

ここ勝山には勝山城跡も在って古くから栄えてきたそうで、道の両側には白壁の歴史を感じる商店が並ぶ。 そして お店ごとに特色ある「のれん」が玄関を飾り、夏の風が 柔らかに のれんを揺らしていた。

のれんは店の顔。 きっと思いおもいのメッセージを込めて作られているのだろう。

こうして毎日軒先を飾っているのだから、風に吹かれ雨に打たれ、日差しをあびては少しずつ傷むはず。 きっと5~6年ごとには新調しているのだと思う。

f:id:ZiLNoble:20160730145107j:plain

 

可愛い郵便局を発見! のれんも「郵便ポスト」の柄だ。

f:id:ZiLNoble:20160730145946j:plain

 

それにしても「あー、あぢーぃ、休憩したいよー・・・」

日中の暑さもさることながら、野球観戦で完璧に熱せられた身体は年甲斐に きちんと応えるかのごとく「ちょっと休憩させて」と要求していた。

 

駅前にも喫茶店は在ったが、もっと雰囲気の良い店がいいと通り過ぎてきた。

すぐに見つかると思っていたが、うーん どこか良い店は・・・・ あったー、ここいいね!

隠れ家っぽい感じが興味をそそって、妻も気に入ったので入ってみた。

f:id:ZiLNoble:20160730150205j:plain

 

トンネルの様なエントランスを抜けると、古民家を改装したカフェの中庭に出た。 このスペースもいい雰囲気だ。

続く母屋に入ると、レジが有り ここで注文するシステムだ。

店主は若くて可愛らしい女性で、なんとこの地が気に入ってアイターンしてきてカフェを始めたそうで、クーラーの効いた店内には女子同士のお客さんが数組居て賑わっていた。

 

涼しそうであったが、静けさも ほしかった自分たちは石積みの古い階段を下りて川沿いの誰も居ないテラス席に座った。

旭川の流れを観ながら、注文したアイスレモン珈琲で乾いた喉を潤した。

うーん、はじめての味は まずまず美味い。 何より雰囲気が最高だし、勝山に来たら次も立ち寄りたい。 ちなみに店名は「かぴばらこーひー」です。

f:id:ZiLNoble:20160730151253j:plain

 

朝から昼まではお天気であったが、午後の3時を過ぎると雲行きがあやしい。 どんよりとした空の様子から、今にも雨が降ってきそうな感じだ。

そう思っていたら ポツン ポツン と雨が降り出した。

傘など持たずに来たので、頭のいい人なら このタイミングでキャンピングカーに戻るのだが、酒蔵がどうしても気になって急ぎ足で向かった。

 

白壁が重厚な酒蔵店の のれんを潜ると、タイムスリップした感覚になった。

とっても古い酒蔵で、重厚な、そして日本人なら いや外国人だってきっと「自然と心が落ち着いてくる」 そんな素敵な景色にグッと心が引かれた。

f:id:ZiLNoble:20160730153618j:plain

 

ガラガラガラ・・・

戸を開けて店内に入ると、日本酒好きにはたまらないであろう地酒がオシャレなレイアウトで並ぶ。

写真を撮ってもいいですか? どうぞどうぞ。 快く撮らせていただけて、カメラが趣味の自分には有難かった。 と言うのも断られる事もよくあるからだ。

f:id:ZiLNoble:20160730154625j:plain

 

自分は下の写真一番手前に写る 水色のガラス瓶の「9=ナイン」と言う生冷酒を買った。

お店の方との会話が弾んだ。

すると、店主は女性で、先代から店を継いでから試行錯誤して新たな酒を開発したとのことで、この「9」と言う日本酒もその ひとつだそうだ。 今日はお店には顔を出していなかったが一度会ってみたいなぁ。

f:id:ZiLNoble:20160730154206j:plain

 

保冷剤はどうしますか。 いらないです。

えっ? 冷やしていないと直ぐに味が落ちますから・・・

車に冷蔵庫が付いてるんですよ、キャンピングカーで来たんです。

えー、キャンピングカーですかぁ・・・・

 

外はいつの間にか ざんざん降りだ。 しばらく店の中で雨宿りさせてもらう。

すると若い男の店員さんがスマホで天気を調べてくれて「じきに止む」とのことで、雨脚が弱まった隙にノーブルまで戻った。

 

本当はもっとゆっくり勝山を観て回りたかったが、天気もこんなだし、自分は珍しく早起きしてカメラ遊びで疲れてきたし、ここいらでRVパークに戻ることにした。

 

さっき行った酒蔵の横をノーブルで通過した。

ここのお酒ですが、この後に晩酌で飲んだのですが、じつに美味い地酒なので 日本酒好きの方には お勧めします。 後で酒蔵のHPを拝見したらレストランもされているそうで、次には行ってみたいです。

備前酒蔵公式HP → http://www.gozenshu.co.jp/

f:id:ZiLNoble:20160730163715j:plain

 

雨の中、ノーブルで国道313号線を旭川に沿って北上する。

町を出る前に国道沿いの「マルイ勝山店」と言うスーパーで夜食を買った。

ここが「ゆばらRVパーク」からは一番近い店だ。 ※湯原温泉からは車で30分です。

 

キャンピングカーは贅沢品だ。

今年はお陰様で自営業が繁盛していてノーブルに乗る機会が減っている。

乗らずにいれば宝の持ち腐れ。 黙っていても税金と自動車保険車検費用に駐車場代が掛かってくる。 だから乗れずにいる今年は贅沢品であることを痛感している。

でも、こうしてキャンプに出ればお金は それほど掛からない。

交通費だって高速代は普通車と同じ。 デカい図体のわりには燃費も 7km/Lも走るし、食費は掛からない。

道の駅や観光名所のレストランで食事したり、キャンピングカーの中で自炊すれば お金は掛かるのだが、これは家に居ても同じこと。 そう考えれば食費が掛からないのがキャンピングカーのいいところだ。 ホテル代も掛からないから旅に出るからと言って予算を考なくていいし、遠出はしない自分には お金の心配は必要ない。

 

・・・訂正します。 妻的にはキャンピングカー遊びだってお金は掛かるそうです。

 

まあ、そんな感じで贅沢品なことは間違いありませんが、一番のいいところは満足感だ。 こんなにも楽しくて面白いことが自分たちは味わえる。 それが何より特別な満足感だ。 そして家族と過ごす「大切な思い出の時間」は架け替えのない宝物に感じるのだ。

 

続く・・・

 

 

参考=撮影機材(PENTAX K-5・PENTAX-DA 18-270mm)

 

 

 

 

広告を非表示にする